• 去年の6/6、66号機の日に『66号機+ゆうゆうサロン』から始めたユーロロクヨンシリーズ。9ヶ月にわたるユーロ機追っかけの記録も、本日、35号機の日をもってピリオド。2005年4月10日、鉄道趣味団体(大学鉄研だったかも?)の団臨として運転されたこの35号機+ユーロライナーの(事実上の)さよなら列車は、なんと品川発御殿場線経由の静岡折り返し。これ、相当色々なところと交渉したんじゃなかろうか?ぶっちゃけこの時代によくこんな列... 続きを読む
  • 続いてはあすか。夏に続いてこの年2度目。であると同時に自分にとって最後のユーロ機+他社JTの撮影。ユーロライナーがDD51とEF64の専用機を従えてデビューしてからこの時点で18年。トータル的に見れば一番多かったのはやはりユーロライナーなのかもしれないが、後半だけで見ると、シュプールを除けばユーロロクヨンのJT牽引はやはりこの“あすか”が断突だったと思う。(弐号機との組み合わせは結局見れなかったけど…)そのあすかとの... 続きを読む
  • さわウォー2003年verの返し。(見た目3年連続同じだけどw)さわウォー看がないので、その代わりにユーロ看(※木製のレプリカ)でお慰み。しかしこの日は実にいい天気だった。... 続きを読む
  • 3年連続で運転された客レさわやかウォーキング。過去2年はともにどん曇りだったけどこの年は晴れ予報。これはいよいよマーク付きをバリ順で抑えることができるか!?と期待して向かったのは、ここ最近国鉄色や広島色の重連などで大盛況の武並!しかしこの頃はまだマイナーの撮影ポイントでこの時も数人がいたのみでした(^_^;)という冗談はおいといて・・・レレレっ? マークが付いてない!!なんで~?動転しながら2発目の大桑-須原へ追... 続きを読む
  • 66+ユーロ、後半戦。この列車は昨今話題の6883レに近いスジで、西線4発目を洗馬近辺でやり、その後高速で聖高原前後へ。でも、聖手前の築堤はなんだかなぁな結果に。ちなみに、この時の撮影が自身66号機のラストショット。実を言うと同機がいつまで走っていたのかいつ解体となったのかまったく知らないんだけど、でも、なんというか知らないままでもいいかな。クサい言い方かもしれないけれど、走っていたシーンのまま心にとどめて... 続きを読む
  • 今日はユーロ。この正調編成を撮ったのも2001年秋以来1年半ぶり。ユーロはその間も毎春恒例の大糸入りとかあったような気がするが、とりあえず自分にとっては久々のこの正調編成。列車は長野までの運転で延々と追っかけ。まずは前半戦から。... 続きを読む
  • 再びのユーロロクヨン、前回(2003②)に続いてまたまたあすか。朝から雲に覆われていたこの日の西線。「それならそれで、晴れたら撮れないところでやればいいや…」と思っていたら、通過前から空が明るくなり始め非常に嫌~な予感。しかし、もうどこにも移動できない。(どこに行ってもバリ逆)雲が居残ってくれることを必死に祈るも、世は無情なり。更に追っかけた先でも同じことが(泣)まさに真夏の悪夢。アップするのやめようか... 続きを読む
  • 前記事、35+赤浪漫の3日後、3/5には西線であすか。カマもそうだけど、追いかけるこちらも大忙し。アルプスの山々もくっきり出ていて、この春はユーロロクヨンとともにまわる名峰巡りみたいな感じ。でも、世の中そうそういいことばかりは続かない・・・... 続きを読む
  • 生活がすべて国鉄特急色で回っていた2003年。(←結婚したばっかだったけどw)しかし、この頃はまだ高崎の183系3編成(新前橋車)にはイラストマークが装填されていなかったし、いなほ北越に国鉄色は絶対入らないし、九州のDo2も“RE”表示。北のキハ183系もイベントものに縁遠く、まだ房総特急・あいづ・583系の臨時・いなば&いそかぜと、あとはボンの動きを監視するだけで済んでいた楽な時代。それでも予定表はぎっしり埋まっており... 続きを読む
  • まーた人が仕事の時に2101だ。(←昨日の鹿島)なんでこうもタイミングが悪いんだろ。なんだか2101は曇りカットしか撮れないまま終わりそうな予感。で、2092ばかり沢山とwと、愚痴を言っても仕方がないので本日も懐古爺の巻。記事的には7つ目だけど、実際撮影に行ったのはまだ3回だけの2002年のEF64ユーロ色。それでもさわウォーだけでなく浪漫初組み合わせも撮れそこそこ満足していたのだが、最後の最後にきて久々のワカ座牽引が行わ... 続きを読む
  • 再びユーロロクヨンに戻って、前回の記事の66号機+赤浪漫。これの戻りが3日後の10/23に運転された。しかし、時間帯は夕方。リバー100を使っていた自分は曇られたらゲームセット。というか、晴れたところで山間部は山影ドボンだし、平地部はどこもバリ逆確定。それでも出向いた瑞浪-釜戸。なんとか写真にはなった…かな?飯田線沿線が第二の故郷だとしたら第三の故郷とも言えるここ恵那~木曽エリア。そこを64-1000が走ってるというの... 続きを読む
  • 自身、2度目の自作マーク掲出となった記念すべき2002年10月20日。意気揚々と凱旋…と行きたいところだがこの日はもう一つ突発ネタが!!東のカマ不足だったのか列車自体が急遽設定されたものだったか忘れてしまったけれど、なんとびっくり赤基調に塗り替えられた浪漫を66号機が初牽引!!この日は夜間帯の運転で、撮影可能だった塩尻で撮っていたのは自分とM下さんと、あともう一人か二人くらいだった記憶。... 続きを読む
  • さわウォー2002年ver、Last。マークは一つしか作ってなかったので、復路はノー看。別に2つ作っても良かったんだけど、ぶっちゃけ作るの大変だし(※というほどこれは労力を要しなかったけど)、「なんだよあの糞看、作ったやつセンスねぇなぁ」とか「オレは看板無しを撮りてぇんだよ」と言う人もいるだろうし、もし前年と違って66号機だったら自分自身マークなしも撮っておきたいなんていう下心もあったりして。(結果的に前年同様35だ... 続きを読む
  • どこだかの停を撮ったあとは頑張ってもう一発。せっかくヘッドマークを付けさせてもらったんだからかぶりついておけば良かったかなぁ。そして木曽福島での機回し。以前に何かで書いたけれど、まさかこれでもう見納めになってしまうとは夢にも思っていなかった…。... 続きを読む
  • 昨日の記事でも書いた通り、夏以降完全に国鉄特急色の虜となってしまった2002年。房総、東北、北陸と駆け回りつつも、それでもやはり忘れなかったのはゴハチとユーロロクヨン。ユーロロクヨンに関しては特急色を重視していたから疎かになっていたのではなくただ単に全然動かなかったからなのだが、N師匠によると前年も運転されたさわやかウォーキングの増発臨としてこの年もまた客レが設定されるという。「これ、ヘッドマークとか... 続きを読む
  • 今日はバレンタインデー。毎年この日が近づくと国生さ○りwith剛ネタをやりたくなるのだけど、まぁ今年はやめておこう。さてさて、時をさかのぼること17年。これまで何度か書いているけれど2002年は自分が国鉄特急色に開眼した年。6月下旬のリバイバルやまびこを撮りに行った際に暇つぶしに見た510ちゃんかM下さんの鉄ファンで国鉄色の特急が結構走ってることを知る。が、実際どこで何が走ってるのかイマイチ把握できず開通したばか... 続きを読む
  • さわウォーの翌月11/19は1年以上ぶりのあすか。記憶が曖昧だけど、確か寝覚めの床を走ってるところを対岸の山から俯瞰できないもんかと探検しに行ったら時間切れで撮れず。その後猛追してなんとか撮れた1枚・・・だったはず。2001年のユーロロクヨンはこれにて終了。... 続きを読む
  • 2001年のさわウォー、続いては復路編。この列車はさわやかウォーキング参加者の帰りの足でもあるため途中いくつかの駅に停車。そのため追っかけも結構でき、3発撮影。それぞれ別アングルで撮ってるのでカット数も増加!しかし、いかんせん天気が…。165系の置き換え的な形で設定された名古屋発着のこの客レ。165系のは多少なりとも記録はしていたものの、この時期、まだ毎土日に走っていたはずの381系の臨時しなのなんかは完全にシカ... 続きを読む
  • 今でこそするような機会も無くなってしまったけれど、現マルとかカーマルとか、そこまでじゃなくても早目に着いてちょっと仮眠とかが日常茶飯事だった若かりし頃、当然誰かと一緒に行くと車で一夜(笑)を共に過ごすことになるのだが、改めて考えてみると、男2人、または複数で出かけ、一緒に飯を食い、更に車の中で寝る。しかもしょっちゅう。こんな趣味ってそうそうないよな~なんて思ったりも。それ故にこういう遠征っていうのは... 続きを読む
  • 2000年代に入ると同時にまったく客レ運用がなくなってしまったユーロロクヨン。と共に途方に暮れていたごく一部のユーロロクヨンストーカー、もとい、フリーカーの方達。そんな哀れな男達のために(?)なんとびっくり、JR東海からのびっきりのプレゼント。この年の秋のさわやかウォーキング関連の臨時列車にユーロピアを使用した客レが設定。まさかこの時代において東海エリアで客レの多客臨が見られようとは!!そしてなんとなんと、... 続きを読む

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター