• 2006年春に交通博物館が閉館。そして翌年10月14日鉄道の日、大宮に鉄道博物館が堂々オープン!!“鉄道の日”月間とも言える10月、今年は各地の災害で色々な行事や臨時列車が中止になり、それどころか車両・鉄道施設も被災するという、鉄道業界、しいては趣味業界にとっても大きな痛手となる年だったけれど、せめて自分のブログだけでも…という訳で、最後はこれでフィナーレ!!さーて、ここまで東京駅、秋葉原駅と北上してきたけれど、... 続きを読む
  • 秋葉原特集、最後は2000年代。今でも杭が残っているのが、房総183(189)系を追っかけてた頃、この界隈で新宿さざなみ・新宿わかしおを撮ろうと思っていて結局撮れないまま終わってしまったこと。杭の根っこは深い(笑)2006年春には交通博物館が閉館。閉館に先立ち旧万世橋駅に留置・展示されていたブルトレとEF55。なぜゆえDD51とブルトレ? というか、別に客車だけでもよくね? と思ったのは自分だけじゃないと思うが、その頃DD51が余... 続きを読む
  • せっかく“国電”車両が一杯あるので、「さようなら国鉄」マークを全部に付けてみた(笑)さて、国鉄分割民営化により発足した新生JR東日本。しばらく経った頃だろうか、国電という名称を“E電”に変更することになったのだが、結局まったく普及することなく消滅。その単語を見たのだって鉄道雑誌くらいしかなかったような…。そんな“国電”の顔とも言えた103系も翌1988年には山手線から消滅。そして、205系は京浜東北線へも…。ところで、... 続きを読む
  • 今や秋葉原と言えばオタクの街。(鉄オタにはあんま関係ないけど)そんな秋葉原も一昔前は電気街としか認知されておらず、当時は石丸電気、LAOXとか色んなCMがテレビから流れていたもの。で、石丸電気というと小田急線の某駅でバイトしていた頃、同じく一緒に対応していた相模線のドア(←某駅バレバレ)が閉まる度にチャイムが流れ、それが♪石丸 石丸 五重丸~とそっくりで未だに頭から離れないのだが、そんな秋葉原電気街のCMの中でも... 続きを読む
  • 昨日の記事でさりげなく写真を紛れ込ませていたけれど、成田市民になってあと1ヶ月で14年。鹿島貨物を撮り始めたのは高機の原色PFやP1、535が入り始めたその半年後でそんな写真が撮れると知ったのは更にその翌年なので、実に苦節12年、やっと、やっと、このカットを撮ることができた!!即位の礼の日の数々の奇跡、富士山まで冠雪したというし、これは何かが起こりそう…と向かった翌朝の1095レ。カマは原色1022、前夜の嵐も去り、天... 続きを読む
  • いやー、しかしすんごい雨だった…。休みだった昨日、鹿島貨物も原色じゃないしたまには家でのんびりしたかったのだが、市内に警報が発令されたため早帰りとなった子供を学校まで迎えに行き、更に夕方は千葉まで出なきゃならない用事が…。とはいえ、すでに佐倉界隈は各所冠水。どう考えても鹿島川を越えられる訳ないし(※実際ちょうど行く時間帯に氾濫した模様)、東関道通行止めも加わり成田~千葉間は裏道含めすべて通行不能になる... 続きを読む
  • 時代は21世紀。子供の頃は21世紀になったら未来都市のようになっていると思っていたし、少なくともエヴァにはまっていた20代前半の頃でさえ「2015年に瓦屋根の家とか電線なんてそうそうないだろ」なんて思いながら見ていたのだが、2019年現在、ムサコ周辺以外はどこも風景は変わっておらず、DD51も小田急Hi-SEも箱根登山も普通に現役だったという(笑)あっ、Hi-SEは第二新東京市の方にいっちゃってるか。この調子だと2100年、いや、... 続きを読む
  • 民営化に伴い誕生した新生“JR東日本”。CMもゴクミからキョンキョンに変わり始めた87~88年頃はまだバブル絶好調で、イベント列車も花盛り。以前にもチラ出ししていた5色の103系混結列車はJR東日本設立記念として運転されたもので、実際は“おもしろ電車”なるヘッドマーク付。ヘッドマークと言えば、『サロンエクスプレス踊り子』も新調。ガングロブームの先駆け???ところで、自分の中で未だに解明していない謎。このマークってロク... 続きを読む
  • 昭和62年3月31日、国鉄最後の日。この日、東京駅から九州、四国、西日本、東海の各継承会社へと「旅立ちJR号」が運転された。九州へは山編成、四国へはゆうゆうサロン岡山、西日本へは12系に復活したばかりのマイテ49を連結。そして東海はヌマ座。当時高校受験明けで鉄道関連情報をまったく知らなかった自分。なんだかいてもたってもいられずとりあえず都内へと繰り出すも、上野でパック+モカ座の「旅立ちJR北海道」は撮ったものの... 続きを読む
  • 昭和60年(1985年)。今まで何度も書いてるけれど自分にとっては色々と激動だった、まさに中二病(※元の意味合いで)を発症していた年。この1985年の国内三大ニュースと言えば、つくば博開幕、おニャン子ブーム、そして東海道ブルトレEF66化!!ってのは冗談だけど、それでもこの年の3月改正は東海道スジで色々と変化があり、急行ごてんばが廃止。踊り子から183系が撤退。そして東海道ブルトレの牽引機がPFからEF66に変更。雑誌でしかそ... 続きを読む
  • 一昨日10/18は、久しぶりに鹿島貨物の撮影へ。台風19号後、現在越タ継承のPF運用1093-1092レしか動いていない鹿島貨物だけど、休みだったこの日は原色の2101号機。天気も曇り予報なので珍しくモノサク宮ノ下へ。来る直前になって晴れ間が出始めあわやバリ逆に…というところでなんとかギリギリセーフの薄晴れ状態。かつての1455⇒71レとかウイングエクスプレスとかではしょっちゅう撮りに来ていたここ、鹿島貨物2往復体制になってか... 続きを読む
  • 空前のブルトレ&特急イラストマークブームもいよいよ終焉を迎えていた昭和50年代後半。実際、自分自身撮影よりもNゲージにはまっていてよほどのことが無い限りカメラを持って出かけなかった当時。おそらく、鉄の方には同じような経験がある人も多いと思うのだが、模型にはまりだすと写真撮影とかどうでもよくなってきて、撮れなくても別にどうでもいいし、むしろそれを模型でいかに再現するか、ということが宿命となってくる。そん... 続きを読む
  • 103記事目となった“プラレールでリバイバル”、せっかくなので今回は103系から(笑)世間では省エネルックなるものが流行っていた70年代後半、鉄道界隈ではブルトレブームが日本国内を席巻した、ということを前記事でも書いたが、流行り物はすぐに廃(すた)れ物になっていくのは世の常。あのへんてこスーツ同様、朝から晩まで東京駅でうろつくガキンチョ共もそのうちサーっといなくなっていくだろう・・・と思いきや、テールマークの人... 続きを読む
  • 昭和39年10月1日。遂に東海道新幹線が運転開始。東京~名古屋~大阪の大動脈は新幹線が主流となり、これにより在来線の長距離昼行特急・急行列車が大幅に削減。しかしながら、庶民にとってまだ航空機はそう易々と手が届くものでもなく、かつ高速道路も充実していなかった当時、時間の有効活用、そして費用の面からも長距離移動の手段として夜行列車は最善の策であり、山陽本線全線電化もあわせこの改正では前年から分割運転されて... 続きを読む
  • こないだの日曜の仕事帰り、最後まで撮れないままだった京成のでかいマークの電車をやっと撮影できた。(というか、まだ走ってたんだ)今まで出勤時に電車待ちしてたら反対側を通過していったとか、51号走ってたら上の高架橋を走ってたとか色々ニアミスはしてるのだが、ここに来ての初撮影&初乗車。まぁ乗ったからってどうってことはないんだけど…。でもって、昨日の出勤時にはまた別の編成に乗車。せっかくなので、乗り換えついでに... 続きを読む
  • 昭和33年(1958年)10月より運転開始となった“走るホテル20系”。当初は「あさかぜ」のみの運行だったが、翌夏、長崎行き夜行特急「平和」が「さくら」に改称。前年10月改正で一旦運転終了となっていたさくらは、20系使用のブルートレインとして新たな道を歩み始めることに。さらに翌夏、昭和35年(1960年)7月改正では「はやぶさ」も電源取得可能なカニ22を組み込み20系化。この際直流区間牽引機であるEF58に新たな塗装が施され、いわ... 続きを読む
  • 本日10/14は鉄道記念日、もとい、鉄道の日。あわせて、この“プラレールでリバイバル”も100記事目ということで、今日から数日間にわたり、開業105年目を迎える東京駅と、東京駅にとって欠かすことの出来ないブルトレと過ごした半世紀をプラレールで再現。昨日までの4記事、ブルドッグだのガクブルだのブル中野だのブルジョワだのブルブル言ってたのはその伏線。それになんの意味があるのかと聞かれても困ってしまうが…。それでは1記... 続きを読む
  • キハ47タラコ色団臨の後半戦。この列車、どうやら客扱いは越後須原という駅までで、ここでは降車のため2分停。そして、向かう途中に唾をつけておいた(←汚ね…)、この場所。列車も停車中なので色々なカットを。ちなみに、この時地元の方達がこのカカシの撤収に来ており、事実、1時間前は立っていた反対側のクレヨンしんちゃんとかはすでに撤去済み。(ケツ撃ちで狙おうとしてたのに~)残っていたこちら側はなんとか撮れたものの、あわ... 続きを読む
  • 台風本体は去ったものの、依然予断を許さない状況が続いている現在。前記事のコメントでもちょっと書いたとおり、実家が結構河川氾濫の危険に晒されていてこれに加えて更に宮ケ瀬ダムまで緊急放流されたらどうなってしまうのか…という状況。(10/13 0:00時点)子供の頃、同じく台風の時に堤防決壊まであと1mという凄い時があったのだが(普段はそれより4mほど下)、宮ケ瀬ダム完成後はそんなことはないと思っていたのに流石にあの雨量... 続きを読む
  • 今回の撮影は自分では場所探しとかまったくしてなく、とりあえず510ちゃんまかせでいいや、という超お気楽モード。2人ともいつも手持ち撮影だし、まぁ、適当にやりゃどうにかなるべ…的な感じだったのだが、この日の撮影は同じように手持ち撮影でパッと撮ってサッと去っていく同じような人達がかなり多く、正直、とてもやりにくかった。この形、かなり昔から取り入れており(※そのやり方を見習わせて頂いたモデルの方はゴハチ運転時... 続きを読む

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター