ハリー・ポッター

 

 
 
大阪に転勤してから9か月、今までなんだかんだ雨に降られたことがなく、いや、正確にいうと、3月・4月は自分の休みの日に限って雨ばっかりだったけど、それ以外はほとんど降られず、仕事の行き帰りで傘をさしたことなんてほんとに数える程だった。
しかし、ここにきて、雨の中駅までダッシュする日が多発。
今週の山陽トワイなんか雨の中上郡でチャリンコこいで散々な目に遭ったけど、そんなパッとしない天気が続いているので最近は朝練も中断。5月からの連投も一段落し、気分的にも、体力的にも只今小休止中でございます。
 
今週末も帰省(非鉄)のためしばらく撮影する予定もなし。
でも、これ、一度始めるとしばらくグウタラ癖が抜けなくなってしまうんだよなぁ。
ということでブログも更新調整中。しばらくこんな感じが続きますのであしからず。
 
ところで、現在のタイトル画像の“のとボン”
毎年今時期になると、これを撮るのが大変だったことを思い出す。
 
これ、実は廃止が決まっていた最後の夏の土曜か日曜なんだけど、その数年前から能登ボンをきっちり決めることを課題とし、とにかく、血と汗が流れるような努力を続けてきた。
知ってのとおり、早朝上京する能登(&北陸)は熊谷が5時過ぎ、上野は6時前。当然パシリを撮るのは夏至前後に限られる。しかし、熊谷以南だと撮れなくもないが、やはりすっきりした写真を撮るにはオカポンとかジンボシンに行かざるを得ない。
タイトル画像はジンボシン(=ジボシン)だけど、ここで4:55くらいだったろうか。
夏至の頃で、太陽が地平線から顔を出して数分後。とにかくこれを撮るのがきつかった。翌朝の天気が曇りなら当然撮りには行かないけれど、衛星画像上も関東全域クリアになっていて、今日こそ決めてやるまんねん、と12時間の仮眠を取って出かけても、はるか太平洋上にある雲がちょうど太陽の位置にあったり、または利根川の水蒸気で遮られたりと、ほんのちょっとのことでパーとなる。
それを仕事の日だろうが休みの日だろうが、翌朝が晴れ予報になってた日はほとんどやっていて、海老名に住んでいた頃は朝5時に撮り終わってからでも仕事に間に合っていたが、成田在住時は、撮ったら関越道→圏央道というルートを通らないと遅刻。当然高速代もかかり、それで毎回行く度にどん曇りとか、睡眠不足とか体力的なことより、精神的にかなりきつかった。
 
そんなことを23年続けて結局まともなバリ晴れ写真を撮れないままだったのだが、なんかのついでに撮った時に限ってこうも簡単に撮れてしまったりする。
前述のとおり、この時は土曜か日曜かで同業者も多数だったのだけど、それまでのおいらの苦労は一体なんだったんだ…と。
まっ、でも、そんなことやあんなこと、今となってはいい思い出だ。
 
さて今回はこまごまネタ第4弾。大阪環状線。
 

 

 

 
自慢じゃないが、ハリーポッターって一度も見たことないんだよね。
でも、ユニバのアトラクションはとりあえず面白かった。(話はさっぱり分からなかったけど)
ということで、また数日後。
 
※ 昨日(6/18)、声優のたてかべ和也氏が亡くなられたとのこと。
 転勤前は、関西の人は皆「~でまんねん」と使うものだと思っていたが、
 そんな人、未だかつて見たことがない。
 おいらもドロンボー一味に騙されていたのだろうか…。
 
 
 
《追記》 別サイトの“2015年撮影分”をやっとこさ5月撮影分までアップしました
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター