福島撮影記① 『ED75デビュー(辛酸ナナゴ)』

 
先週末、福島に行ってきた。
福島といっても大阪の福島駅ではなく福島県。103系も201系もやってきませぬ。
 
福島県ではDC絡みで色々なイベント列車が運転。
SLELふくしま、583系ひたち、その使用車返却を兼ねたみちのく、そして今回が最終運転らしい(※といってもまたすぐにありそうだけど)485系あいづ…。“今の”ご時世からするとすべて大ネタレベル。
ただ、国鉄特急色を追いかけているくせにシールマーク超絶嫌悪派の自分としては、583系のひたち&みちのくと聞いても、どうせまたテカテカシールでしょ…となるし、そもそも583のひたちなんて現役時代あったんかい? ということにもなる。
実際は臨時運行の実績はあったようで、どこかのブログを見てみるとその際は「臨時」マークで一回だけ手書きマークだったようだが、イラストマークがあってもおかしくなかったようなこの583系ひたち。まったくとんちんかんな列車で変なマーク付けられてもうんざりするが、幻のマーク的なものだったと思えば、まっそれもありか。(自己暗示)
 
ちなみに、今185系のストライプであまぎなんてやってくれたら、例えシールだろうと発狂して撮りにいくと思うけど、これを分かってくれる人なんてほとんどいないだろうなぁ。
(実際にはそんなのなかったけど初期の185系にはあまぎの幕が入っていた)
 
話がそれてしまったが、子供の頃、夕方バリ逆の中でしか見たことがなかったみちのく、今から12年前にもリバイバルが運転されたが、勿論その時もステッカー。まっ、583系のかつての絵幕なんて現場には残ってないだろうし、せめてシールを白幕か何かに貼るか、ガラスの内側にずれないように差し込んでくれれば俄然やる気も出るってものだけど、そんなことまでしてくれる訳ないし…。
成田に住んでいた頃ならいざ知らず、大阪住まいの現在、シール確定のひたちだけとか、みちのくだけとかだったら当然行くに値するものではないのだが、7512系も絡められるなら行ってみてもいいか、というレベル。
(※ その75にしても、583系と絡められるなら行ってみてもいいか、というレベルなのだけどw)
ただ、去就も気になる今日この頃、せっかく走るのだから記録としてでも撮っておきたいところだし、12年前のリバイバルは前面のっぺらぼうだったのでもう一度撮り直しておきたかったし、パッと見ステッカーと目立たないように撮ればいいか。
 
そんな、それだけなら別にどうでもいいや的なネタが重なったので行くことになった。
行くことになった、というのは、実は結構早い段階で大阪の旧友S君と飯を食いながら「ED7512系とかも一度くらいは撮ってみたいねぇ…えっ6月にあるの? んじゃ一緒に行こうか」と酒の席での軽い口約束的なものが発端だったのだけど、その後583ネタも判明し、ちょっと重めの腰を上げる理由付けにもなった、というのがほんとのところ。
しかし、週末の確定的な雨予報、そして前日に送られてきたED75側のマークの写真で一気に気力ダウン。それでもS君の「2日目のマークはまともですよ」の言葉を信用して出かけることにした。
 
なお、ED75、自慢じゃないが今まで見たことはあったけど撮ったことは一度もない。
数日前に1039が復活し、ひたちなかのキハと絡めて撮りに行こうとしていたその前日に3.11を迎えた事は以前にも書いたけど、今回もそんなことになりやしないかヒヤヒヤしていたものの、その心配は杞憂に終わる。
ただ、今まで75を撮った事もないクソのような奴にそうそう簡単には撮らせないぜ、という洗礼というか明確な意思表示が、あの素晴らしいヘッドマークだったのか。
 
福島・仙台地区におけるこの公募デザインマークの取付けはごくごく一般的なことらしいし、そりゃ、どこかの子供が夜も寝ないで一生懸命考え、色を塗ったかもしれないと思うと、それにケチを付けるほど心の狭い人間ではないつもりなのだけど… だけどさ、何も2日間それにしなくたってよかったんでない? SL側なんか結構いいデザインなのに…。
 
前にちょろっと書いたけど、かなり昔、JRさん相手の会社で営業的なことをしていた時があった。
どこだったか忘れたけど、中央線沿線の駅で何かの記念オレカを発行するからちょっと来てちょ、と言われ伺ったところ、そこの若い駅員さんが書いたという運転開始を目前に控えた新幹線あさまと189系と、確か人が描かれた絵を渡され、これを基にデザイン考えて、と言われた。
その絵はオレカにぴったり入るほどの絵で、とても上手に描かれておりしっかり色も塗られていた。
背景のデザインと『○○駅なんとか記念』みたいな文字を入れてサンプルを提出。なにせもう17年も前なので自分が持って行ったのか、他の人が持って行ったのか、はたまたその時の駅の担当者がいたのかどうかも記憶が定かでないが、とりあえず、それで決定し作成することになった。
で、納入日、クレーム電話が入る。「なんなんだこの絵は!?」と、かなりお怒り気味。しかも鉄電で。
先方様はあの絵を元に、アニメタッチのようにちゃんとした色づけにしてくれることを望んでいたらしい。
って、そんなこと一言も言ってないじゃんか~!!
 
まぁ、きっちり聞かなかったこっちも悪いのかもしれないが、あれだけ良く出来てりゃ何の問題もないし、むしろ、あの絵と細分の違いなくグラフィック化するなんて、まだマックが出始めたばかりの17前の弱小企業にできる訳ないでしょーが!
結局、どこかにデザインだけ委託発注したような記憶が残ってる。
そして、今回、もしかしたらこのマークを描いた子供も、ほんとは『こんな感じて頼みますよ、JRさんっ』てな感じでラフ書きのつもりで書いてたのかもしれない。そんで、いざ書いた絵がまんまヘッドマークになってびっくり!!
なんだこの長い運転台は!?こういうのをちゃんと直すのがプロでしょっ!! なんて逆切れしていたりして。 ・・・んな訳ないか。
 
ちなみに今回は丁度いい感じで伊丹-福島便なんてのがあり、6:30に起床、伊丹を8:00に出発し福島9:00着。レンタ借りて、最初の撮影地となった本宮の手前は通過30分前の9:45に到着という実に無駄のない行程。
なお、富士山の北側を飛ぶルートは初めてで、思わず雲海から頭を出す姿を撮ってしまった。
(イゴナナヌマ座殿、上からごめんあそばせ)
 

 

 
♪ 霊峰富士のてっぺんに おれ達は生まれてきたんだぁ~
 
あぁ、もうあと1か月ちょっとか、そろそろ予定考えないと…
 
ということで、今回は、とりあえず6/2775撮影分。
この辺りの撮影場所とかまったく知らないし、すでに雨確定となっていた予報もあって下調べも一切しておらず。もう、適当に撮れればいいや状態だったので、線路の近くを走ったり跨いだりくぐったりし、撮れそうなところで撮った適当写真ばかり。でも、ある特定の場所は撮影者もギャラリーも集中していたけど、全体通して比較的どこも空いていた印象。
まっ、そりゃそうだろうな。
 

 

 

 

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター