福島撮影記③ 『全開!!』

 

 
 
昨日、競輪の児玉広志がストーカー規制法違反容疑で逮捕された。
一昨日ののぞみの火災も衝撃的だったけど、ひかりを飛ばして翌日は…なんていうのはさておき、このブログか別サイトで書いたことがあったが、かつて競輪にはまっていた頃おいらは児玉のファンだった。
※ 誰かに『昔ちょっと競輪やってたことがあるんですよ…』と言うと『あっ、経理担当だったんですね』と言い返されるほど賢そうに見えるおいらにもそんな時期があったのです
 
で、その児玉。ラインも作りにくい四国、そして自分よりも小柄な体格という、競輪界において決定的なマイナス要素を背負いながらも努力と根性…と書くとカッコいいが、落車上等、他所様のラインにも平気で切りこむ無謀ぶりでカバー。でも、結局あそこまで上がって来れたのは、それなりの努力の結果だったとも思う。
一言で述べるなら一匹狼。まっ、こういう人はきらいじゃない。
おそらく選手内ではあまり良く思われていなかっとも思うし、今回の件でざまぁみろと笑ってる人もいるのかもしれないが、かつての自分同様、結構変わり者が多いと思われる現役ファンの人にとっては、流石に“逮捕”とまでいくとショックなのではないだろうか?
 
ことの真相は分からないし、少なくとも記事を見る限り『えっ、こんなことで逮捕になっちゃうの!?』と逆にそっちの方が驚きだけど、でも、警察がここまでやるということは“このままにしておくとなんらかの危険性が生じる可能性がある”という切迫した状況までいっていたということも考えられるし、そうかもしれないな…と違和感なく考えてしまう元ファンがここにいたりもする。
 
そうそう、はるか昔、いわき平競輪に415系やら455系やらなんやら色々乗り継いで何時間もかけて行ったことがあった。
この時の開設記念に児玉が出ていたのかどうかもう覚えてないが、小雪吹きさぶ極寒の中ズタボロに負け、駅まで無料送迎バスに押し込まれて送還された記憶だけ残っている。
 
さて、前回のつづき。そんなつらい思い出(w)しかないいわきの町を後にし、S君を福島空港で回収しその日は郡山のビシホでマルヨ。久々にネカフェ以外のところに泊まる。
通称『垣夜』こと345M車内で写真を売り付けようとして以来27年近くの付き合いとなるS君は、現役バリの頃はアイランド色DE10やイゴマルネタなどで一時RM(の後の方のごく一部)を席巻していた時代もあったけど、結構早い段階でこの世界から卒業。
そして長いブランクを経て数年前に復活したもののなぜか長玉ユーザーへ変わってしまっていた。
200mmは魚眼レンズ、400mmで標準。900mm以上ないと納得できないというS君はどうしても今回撮りたいところがあるらしく、そこで朝から場所取りをしたいとのこと。普通に追っかけして3発目になる区間なのだけど、まぁしょうがない。で、何時に出発するの? と聞いたら、「6:00にロビー集合で」。
・・・ は い ?
 
6:30起きで大阪から来て余裕で1発目から間に合ってるのに、なんで郡山に泊まっていながら5:30頃に起きなきゃならんねん? と思いながらもシャワー浴びて即寝。まったくもう!
翌朝、清々しいほど…とまではいかないものの、何年ぶりかにやわらかい布団で寝れ、まぁまぁいい気分。
しかも、ホテル出発後すぐにカシが郡山に着くということで、無理矢理ながら駅出発を撮り、さらに12系の構内入替えも撮影。まっ、早起きは2文の得ってところか。
 

 
場所取りをしたいという安達-松川の撮影地に行くと、定番は何人か場所取り組がいるもののS君が撮りたい場所は誰もおらず。ここ、ほんとにパニるの?
実質3発目の追っかけ区間となるこの場所であと4時間も待ってる理由は何一つないので、S君を放置し、本宮へリターン。前日と同じ場所でコンビニサンドイッチを食べていたら、『HM前日と同じ』とのメール。マジかい…。
 
2日連続で同じ写真撮ってもしょうがないし、かといって本宮までは他にいい場所もなかったし、どうすっかなぁと考えていたところ、あいづライナーがあったのを思い出す。
現在地から10kmちょい西側へ移動するだけだし、ちょうどいい頃合いで2号さんもやってくる。今日は最終運転日らしいし、最後に1度くらいは撮っておくか…。
そう、今の赤い幕のあいづ、実は485系では一度も撮ったことが無い。
 
遡ること13年前、東北新幹線が八戸まで延伸した2002.12/1のダイ改で、それまでの「ビバあいづ」が「あいづライナー」となり、はつかり廃止で余剰となったアオの485系に置換えられることとなった。9年ぶりの国鉄色あいづの復活。(※ ビバあいづ時代国鉄色の代走&リバイバルあり)
このダイ改初日、事実上復活一番列車となる上りの2号を雪の中できっちりおさえ、その後も国鉄色(元祖)あいづ幕での運行が終了するまでの2年間、結構足繁く通い、時にはイゴナナヌマ座氏なんかとも行ったもんだけど、そこで結構撮り尽くしてしまったし、そもそも、国鉄世代、ましてやトレインマークブームど真ん中だったおいら的には、その後の赤いマークとかまったくどうでもよくなってしまったのだ。
まっ、近くで走ってりゃ撮りに行くけど、わざわざ遠出してまで撮りには行かないよ、というところ。
(関東の人から見た福知山系統の381系みたいなもんか)
 
そんな訳で、583系の赤あいづは何かのついでで撮ったことがあったけど、485系は一度も撮ったことなし。今までまったく撮ってないので、ちょっと会いづらいなぁ・・・。
で、今更撮りに行って「最後だから撮りに行ったの? (ププっ)」なんて笑われるのも癪にさわるので、マークが映らないよう先頭部分ど側面でもやってやろうかと思ったが、せっかくタイフォン事件で全国的に有名になったこのあいづ、どうせなら片側だけではなく、思いっきしタイフォン全開状態で撮ってみようと思い立つ。これならマークの記録もできる。
 
で、タイフォン全開になる場所はと…。答えは簡単、あの辺に撮りに行く人ならほとんどの方が知っていると思うけど、国道の登坂車線がある場所のカーブ。見通し不良区間のカーブの先に第4種踏切があり、すなわち、かつて自分があいづを撮りに来ていた頃、一度はここで撮ってみたいと思いつつ絶対にタイフォン鳴らされるので撮れずじまいだったところだ。そして、予定通りサブちゃん状態の赤あいづを決め、撤収。再度東北線へ。
高速使えば本宮の手前も間に合いそうだったけど、お金ももったいないので下道移動。2発目区間から撮影開始。
 

 
3発目はS君を捨ててきたところへ。定番の陸橋は大盛況だったけど人道橋は数人ほど。
ほらー、誰もこんなとこ来ないじゃんか~
でも、こっちの方がアングル的にも面白く、場所も結構空いていたので好都合だった。
 

 

 

 
4発目区間は止めにして、前日同様またまたいわきへ移動。
次回『みちのくふたりたび』
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター