只見線 キハ40タラコ色団臨 〔後編〕

キハ47タラコ色団臨の後半戦。
900-K40-191005K0.jpg
900-K40-191005M0.jpg
この列車、どうやら客扱いは越後須原という駅までで、ここでは降車のため2分停。
そして、向かう途中に唾をつけておいた(←汚ね…)、この場所。
列車も停車中なので色々なカットを。
900-K40-191005N1-1.jpg
900-K40-191005O2.jpg
ちなみに、この時地元の方達がこのカカシの撤収に来ており、事実、1時間前は立っていた反対側のクレヨンしんちゃんとかはすでに撤去済み。(ケツ撃ちで狙おうとしてたのに~)
残っていたこちら側はなんとか撮れたものの、あわや「ボーっとしてんじゃねーよ」と怒られてしまうところだった。ガクブル
(注:ぶっちゃけ、チコちゃん、よく知りません)

どうでもいいけど、家でRAW現像してた時に下の娘がやってきて、「あっ、アンパンマンだ」。

「???」と思っていたら、なるほどね。
子供の視点はやはり違うなぁ・・・。

長岡でマルヨするという、510ちゃん・T君と小出駅にて別れ、列車到着までキハの撮影タイム。
900-K40-191005Q1.jpg
900-K40-191005T1.jpg
900-K40-191005P0.jpg

非ブルジョワ極貧鉄なのでこのまま在来で帰りたかったところだったが、そうすると3時間後になってしまうため止む無く湯沢から幹線。
ちょいと財布に響いたけれど、まぁ収穫は沢山あったし、なかなか楽しい一日であった。

【10/13 追記】

なんとか氾濫は免れた我が実家。
Twitterやテレビの中継で映る相模大橋、そして湖のような三川合流地点の状況を見るにつけ、「今回はたまたまついてただけなんだろうな」と思うと同時に治水関係の方々の努力に本当に感謝。
あわやレコード時代の剛のシングルとかも流され、まさにグッバイ青春、いや、ろくなもんじゃねぇになるところだったし…。

てな冗談は置いといて、一夜明け、明るくなってくると同時に職場のテレビに映しだされる各地の状況。
一週間前に訪れた千曲川~信濃川流域をはじめ、各地の惨状に言葉を失うとともに、台風が直撃していない地域でもこんなに被害が出てしまうのか、という驚き。
そして、帰宅した今(19:30)もなおやってくる利根川氾濫警戒のメール。

Yahoo!天気の河川水位情報を見ると佐原辺りの観測所がどんどん上がってきているし、あわよくば明日の朝抑止中の1095レでも…なんて思ってたけれど、満潮時刻も近いことだし、流石にこれはちょっとまずそうな感じ。

台風接近から丸一日経っても予断を許さないという状況に自然の恐ろしさを改めて感じるとともに、昔から人が住んでいない場所はやはりそこは危険な場所なのだ、ということも再認識。
人間が自然の猛威を抑え込むのはやはり不可能なのだろうか?

それと、M下さん、昨夜は色々とありがとうございました。
次、万一同じようなことがあったら、首にロープつけてでも連れ去ってもらいたいと思います。

スポンサーサイト



コメント

パナちゃん@鉄道なんちゃら

これでも一応組合の人なので(笑)
電話で笑っていたけど、実際は会社側といろいろ話し合いしてた(笑)
稼働している乗務員への撤収や避難誘導とか、水没しないための営業車避難とか

最終的には弊社系列の立体駐車場に避難する事だったけどね(^_^;)

あの地が危ないのはもちろん理解してますから(^_^;)

yuno

Re: タイトルなし
被災された地域の方には申し訳ないですけれど、結果的に何事もなく、本当に良かったです。

翌朝のテレビ中継を見ても、30年近くあの辺りに住んでいてあそこまで上昇したのは1回くらいしかありませんし…。

猿が島から金田までの流域氾濫、下溝の崖、そして厚木・海老名両市内への浸水。
相模川だけじゃなく中津・小鮎と川だらけの場所ですし、今回は大丈夫でしたが次にいつ同じような状況になるとも限りません。
今回は停電もなく色々な情報をネットでみることもできたし電話もつながりましたし、色々と幸いだったんでしょう。

先週ヘッドマークをこっちに持ってきておいて正解だったな、なんてちょっと思ってしまったのはここだけの秘密ですw
非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター