《プラリバ106》東京駅SP⑦ -さよなら国鉄、旅立ちJR-

昭和62年3月31日、国鉄最後の日。
この日、東京駅から九州、四国、西日本、東海の各継承会社へと「旅立ちJR号」が運転された。

九州へは山編成、四国へはゆうゆうサロン岡山、西日本へは12系に復活したばかりのマイテ49を連結。そして東海はヌマ座。

当時高校受験明けで鉄道関連情報をまったく知らなかった自分。
なんだかいてもたってもいられずとりあえず都内へと繰り出すも、上野でパック+モカ座の「旅立ちJR北海道」は撮ったものの東京駅のホームはとても立ち入れる状況ではなく断念。
結果的にまともな写真は撮れず、撮った写真もなんにも残っていないのだけど、でもなんで東海はユーロではなくヌマ座だったんだろ?
シュプールから外すことができなかったのか、それとも何か別の団臨でもあったのだろうか?

それではコンコース内に響く“日テレ帰れ”コールを思い出しつつのあの日の東京駅。

PL106-001.jpg
PL106-002.jpg
PL106-004.jpg
PL106-005.jpg
PL106-006.jpg
PL106-007.jpg

ヒフミ岡サロが作れなかったのは今でも悔やまれるところ。
(ヒフミは作れても肝心の岡サロが難しいしなぁ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター