大雄山線5501編成(赤電塗装) 甲種輸送追っかけ大会① ~大雄山線編~

信州カシとTX甲種を撮りに行った1/26は実家でマルヨ。
その目的は、翌1/27の大雄山線車両台場工場入場甲種輸送!!

3年半前の出場時に撮り損ねた、というより大場工場で塗り直してるのは駿豆線車両だと勝手に勘違いしていて、出場輸送(しかも東海道線内は看付き2139!!)を見て発狂した大雄山線5501編成の赤電もどき車両。
本家西武もガキンちょの頃に新大久保辺りで見た記憶が残っているけれど、それよりも小田原駅でしょっちゅう見ていたあのカラーはやはり郷愁を呼び起こし、また、駿豆線の最後のやつも撮れなかっただけに今回の入場は是非とも抑えておきたかったところ。

そして、大雄山線内を牽引するは茶色くなったコデ。

どうでもいいけどうちの父ちゃんはこのコデ165が大好きで、それはかつて自身で撮っていた相鉄車両だったということや独特なカルダン車の音だったりのようで、10年くらい前までは大雄山に電話して動く日にちを聞き、ちょこちょこ写真を撮りに行っていたもの。
この日も「途中まで一緒に見に行く?」と聞いたら、「寒いからいいや」との返事。流石の我が父ちゃんも歳には勝てんようだ。
代わりに「撮った写真見せてくれ」と言われたので、これは色々撮っておかなければ、と心に誓い、小田急で蛍田へ。
ここで510ちゃんと合流し、二人して初となる大雄山線撮影へレッツラゴー!!

まずは、出発地となる大雄山駅へ。
到着するやいなや入換開始。
おぉっ! 確かにかしわ台に保存されてるのと似たようなやつだ!!

900-IZD-200127C1-3.jpg
900-IZD-200127D1.jpg
900-IZD-200127F1.jpg
900-IZD-200127G2.jpg
900-IZD-200127H3.jpg
900-IZD-200127K2-2.jpg

ちなみに、自分は相鉄のモニ2000の自走シーンというのを何回か見ていて、うち一回は厚木線で踏切にひっかかった時。

目の前を通過していった非日常的な風景に車の中で目が点状態になってしまったが、昼間に見たのはそれだけで、あとは結婚後さがみ野駅近くのマンションに住んでいた時。
部屋の中でタバコが吸えないので玄関前の非常階段で座って吸っていたら終電後だというのに踏切が鳴り、あの猛烈なモーター音を唸らせて眼下を通過。

その頃相鉄なんてただの通勤手段でしかなかったけれど、もっと興味を持って色々撮っておけばよかったなぁ。

てなことで、話戻って大雄山。
それにしてもこの車両、昭和3年(1928)年製で、鉄道省から相鉄、そして伊豆箱根鉄道と、齢92歳とは凄いものだ。
よほど手入れされてるんだろうな…などと感心していたら、肝心のパシリはハレーション発生でご覧の通り。

900-IZD-200127M0-5.jpg

あなたの前照灯、一体何年製ですの?




昨日すっかり忘れていた、本日の『剛ファンあるある~』

ニュースとかで「有事の際は・・・」と言ってるのを聞くと、即反応。

♪ 勇次~ あの時の 空を忘れちゃいないかい
スポンサーサイト



コメント

510

祝!初の大雄山お疲れさんだったね~
まさかここで一緒に撮るとは、人生何が起こるかわからんのぉ(笑)。当初の予定で出区してたら入替えは撮れなかったから感謝感謝!!
パシリも家バックかと思っていたら探せばあるもんだね。今度は晴れた日に激ブイやね。

yuno

Re: タイトルなし
そだね! 今度は晴れの日にリベンジだね!!

あっ、あの鉄橋のところの未公開マル秘(?)写真、あとでメールで送るよ!!
非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター