《プラリバ163》あゝ上野駅⑦ チョコレートと言えば

2/14と言えばバレンタンインデー。バレンタインデーと言えば、“パック”ことEF58-89。
何故そこ? と思う方もいらっしゃるでしょうが、ゴハチファンであればもはや説明不要。
そう、それは何年経っても決して覆らない、お約束のことなのだ???

そんなあの方には遠く及ばないものの、それでも、頑張ってチョコチョコ撮ってきたパック。実は最初に(というか正確には2度目に)茶色になった直後の姿を自分も撮っていたりするのです。

時に1984年(昭和59年)9月16日。
これも今まで何度か書いてるけれど、当時ヘッドマーク付きの列車に異常なほどの執念を燃やしていたおいら、ヒマさえあれば国鉄本社広報に直電していて、ある日教えてもらったのがこの列車。

担当の方が「EF58の89号機だぞ!」とやたら機関車推しだったのだが、自分的には「ゴハチ? それが何?」的な感じで、でもとりあえずヘッドマークが付くブルトレの団臨、ということで意気揚々と上野駅へ。
そして推回で入って来る白帯のハネ。その先頭に立つのは茶色のEF58!!
なんだこれ~!? と驚きつつも、肝心のヘッドマーク、ヘッドマーク!!

だがしかし、釜が前出し(というのもなんか変だけど)のため、お顔がホーム端ギリギリ。それでも駅員さんが許可してくれて、みんなで階段(スロープ?)を降りたところから撮影。
あの日も冷たい雨の一日だった。

PL163-002.jpg
PL163-004.jpg

当時中坊だったおいらに“先回りしてパシリをやる”なんて芸当、到底できる訳なく、ここで面撮りをして終了。
その写真も一切残っていない訳だけど、何気にパックの茶色化後お披露目運転(※初旅客営業運転ではない)をこの目で見ているという、自分にとって価値ある思い出。

あとは、その翌月くらいに運転された旧客使用のはくつる。
これは都内で親戚の集まり(←じいちゃんの国鉄退職慰労会?みたいなもの)があって、その帰りに父ちゃんに頼み込んで上野駅に行ったものの、人が多すぎて撮れないどころか見ることすらできなかったという悲しい記憶。

PL163-005.jpg

それにしても、この釜ほど塗装が塗り替わってるゴハチ、いや、機関車って、そうそうないよなぁ。

最後にもう一枚。
走っているパックを最後に見た98年のオクシナ回送。

900-T-EF58-980520A.jpg

ブルトレで始まり、ブルトレで終わったパックとの14年間。
言うほど記録も残せなかったし語れるほど詳しくも無いけれど、とりあえずですね、鉄博行って御殿場ファミリーHMを取り付けたいのです!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター