《プラリバ191》爆走、室蘭本線

昨日も鹿島貨物を撮りに行ったのだが、とにかく踏んだり蹴ったりで散々な一日だった。
やはりその前日にすべての運を使い果たしてしまったからだろうか?

一昨日行ったばかりだけど、また滑河観音様のところに行って微笑み返しをしてもらわねば・・・
(♪ お菓子食って~ 涙が出そう~)

変換ミスるくらい精神的にも肉体的にも色々と疲れてしまったので、本日はサクっと。

昨日の山線に対し、距離こそ長いものの所要時分の短い海線。
いい旅チャレンジ20,000kmをやっていた小・中時代、その塗りつぶし用ブックに載ってる北海道の路線図を見ながら、なんで室蘭本線は札幌に行かないで、札幌と苫小牧(正確には沼ノ端)は千歳線っていう別物なんだろ? って疑問に思っていたのだが、結局その区間は一度たりとも走破できぬままチャレンジ20,000kmも終わってしまった。

その代わり、大人になってからはキハ183や711系の撮影ついでに北斗星、カシ、トワなどこの界隈ではそこそこ写真を撮っていて、何気に自分の中では北海道の中一番馴染のある線区だったりもする。
(まぁ、大体の鉄の方がそうだろうけど)

それでは、本日はひっきりなしにDD51重連のブルがやって来ていた、あの素晴らしい時代をプラレールでリバイバル!

PL191-001.jpg
PL191-007.jpg
PL191-003.jpg
PL191-006.jpg
PL191-005.jpg
PL191-008.jpg

ここの線区に限って言えば是非とも711系を登場させたかったところで、実際165系を途中までプチ改造をし、側面窓の一枚窓化まではやっていたものの、一番のネックとなったのが頭の上のライト。
これをどうすっか・・・と思いながら、いい案が浮かばず結局作れぬまま。
棚の中ではあずき色のスプレーが使われぬまままだ眠っているという。

最後に、初めて室蘭辺りをうろついた頃、あまりにもの凄さに思わず車を停めて撮影したこんな写真でも。

900-OTH-090913A.jpg

工場夜景ファンがはまるのも無理はないよな~

ちなみにおいらは昔“ダム”にはまりかけたことがあって、M下さんに「お願いだからやめてくれ~」と懇願されなければ今頃田子倉ダムで「豪雪激ブイ!」とか言って遭難寸前になってたかも(笑)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター