115系 鷲羽 (前編)

前記事の翌日(2/11)、カシはまだいいものの、185系撮影会に行けない悔しさ、せめて足利イルミくらい撮って留飲を下げようと思っていたら起きたのは昼過ぎ(爆)
一回朝起きた記憶はあるのだが・・・。

ギリ間に合わずふてくされ状態で帰阪することになるも、14時間ほど寝てたというのに羽田までの電車でまたウトウトし、飛行機も離陸前からすでに寝落ちしてたりとなんだか眠り姫ならぬ眠りおっさん。
そして家に着いたら完全に目が覚めてしまい、やっちまったー日向成東の昼夜逆転状態。

翌日(2/12)の115系の1発目は姫路城バック(←鷲羽&白鷺コラボ)を狙っていて、そのためには地元駅5:25発、最悪でも4:50には起きなきゃならないのに布団に入ってもまったく眠れず、「このままじゃ一睡もできないままになってしまう!」と危機感だけが募り「ヤッババ バイ バイ バーイ」と焦りながら04:00。
マズいぜ、ホント。

ここまで来たらもう起きちゃるわいと暖房付けて四季島の写真の整理を始めたら今度は強烈な眠気が襲ってきて、とても出かけれる状態ではなくなり再度布団にin。
当然姫路城バックは諦めたのだが、起きてると眠くなる、しかし布団に入ると眠れないという悪循環。

今度はアラーム気づかずに寝過ごすんじゃないかという恐怖も襲ってきて、気付けばカーテンの隙間から白み始めた空が。
♪ 地球の夜明けは~ もう近い~

結局一睡もすることないまま7時頃には布団から出て8時に出区。マジ最悪。
頭グラグラ状態のまま電車を乗り継ぎ本来2発目を予定していた塩屋の漁港へ。

900-EC115-240212A4.jpg
900-EC115-240212B0.jpg
900-EC115-240212C0.jpg

♪ 揺れて 海岸ロード走る 無理矢理入れて写る 明石海峡大橋~

そしてポカリスエットのCM的な感じで防波堤上を数十メートルダッシュしてケツ撃ち。

900-EC115-240212E2.jpg
900-EC115-240212G0.jpg

更に5分後の電車に乗るため駅までダッシュ。
足がもつれてぶっ倒れそう。

そうそう、前週まで激烈な痛みが左足太もも裏を襲っていたヘルニアくん。
コルセットの効果もあれど、更にそれより効果的なのが同僚からもらった仙骨枕。
いや、これやばいわ。椅子に座ってる時に当ててたら痛みもまったくなくなるし、毎晩の体操のおかげか普通の状態でも嘘のように痛みがなくなった。流石ダルビッシュが認めただけあるw

痛みや痺れみたいのは時々あれど(むしろダッシュしたせいで今も足全体筋肉痛)、最悪な頃と比べたら全然問題のない生活が送れているここ数日。なのでこんな鉄活動もへのカッパなのだが、流石にこの寝不足状態はあかん。
と言いつつ猛ダッシュをして体が覚醒したのか、その後しばらくは頭も冴え、とりあえず大阪までの客扱いは次のステーション先回りしながらこんな感じで追っかけ。

900-EC115-240212J3.jpg
900-EC115-240212M1.jpg
900-EC115-240212N3.jpg

やけっぱちで縦アンした尼の駅先、この時代にしてタイフォン攻撃を喰らうとは思ってもいなかったw

特急色ではタイフォン全開はサブちゃんの鼻のように目立ち忌避してたけど、115系だとまぁいっか。むしろこれもありか、なんて思えたり。
ちなみに、特急色も鳴らして全開状態ならまだいいんだけど、一番最悪なのは錆びてるのかなんなのか片方だけ閉じずにやって来る時で、そのおかげで無駄に九州行く羽目になったのも懐かしい思い出。

大阪駅到着後は無理やりの遊び撮り。
ちょっとだけ、湘南色見えるでしょw

900-EC115-240212Z9.jpg

ということで、とりあえず鷲羽前編。マッチやら石川秀美やらなんだかゴチャゴチャw

あっ、最初の話に戻るけど、帰宅時に青砥から乗った京急車、ガラすきだったので車端のボックスシートに座っていて時々目を覚ますと大抵どこの駅でも駅先でカメラ向けられてたのだが、この絵が人気なのだろうか?

900-20240211_162118.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター