TSUYOSHI NAGABUCHI in Kishiwada


 

 
本日、岸和田競輪に行ってきた。
有馬記念のある日に競輪(しかも決勝じゃない)なんぞ行ってる輩なんてそうそういないと思うけど、目的はただ一つ。
そうそう、おいらは高校3年の秋まで競馬をやっていたけど、その後競輪に転向し、10年近く続けていた。
“真面目を絵に描いたようだ”としょっちゅうささやかれているおいらだけど、こんな時代もあったのだ。
競輪のうんちくは以前にも別サイトで南海か、変換間違えた、何回か述べており、語ると10回分くらいの連載にしなれればならなくなるので止めておくが、地元平塚のダービーの決勝のために高校の卒業式も行かず、1浪時代、5年間(w)の大学時代、その後結婚するまで都合10年近く。
自分で言うのもなんだけど、そんじょそこらのにわか競輪ファンと一緒にしてもらっちゃ困るぜ!! でもその分、流石に家は無理だけど、車の23台は買えるくらい色々なところに寄付や納税をしてきましたが…。
まぁなにせ当時は4場あった神奈川県に住んでおり京王閣とかの近場も入れるとほぼ毎日開催がある訳で、加えて、高校時代の先輩鉄であるF氏と全国の競輪場を全場制覇しようと企て、特別競輪は勿論、開設記念とか鉄を絡めたりして行き始めたのもいけなかった。
ちなみに、当時は全国に50場あり、関東・東北・中部地区はすべて制覇。確か止めたやめた時点では丁度半分の25場だった気がする。青森の全日本選抜で最後の最後にボロ儲け。人生大逆転をして583のはくつるでウイスキー飲んで帰ってきたこととか懐かしいなぁ。
 
その後、一回別府温泉競輪に行っているので(かみさんの親類が住む国東に挨拶に行ったついでだったかな)、今回の岸和田で27場目ということになるのだが、今回の目的は開会式にあわせて行われるグランプリ・ヤンググランプリ出場選手のための長渕の激励ライブ。
今までライブでは間近で見たことは何度かあったけど、写真なんか絶対撮れる訳なく、これはチャンス! しかも入場料は50!! イメージソングの“走る”以外に、紅白で歌う予定の新曲とか聞けたら儲けものだ!!!
 
朝、7時に家を出発。
なんで朝7時かって? 阪和線の編成美が揃ってる103系低運がいい運用に入ってたので浅香の鉄橋でも、と思ったのだけど、いつものように現地到着早々どん曇りになりましたとな。
南海に乗り換えるとお金がかかりそうなので、JRの久米田という駅から歩く。
♪ 歩いて 歩いて 歩いて 歩いて~
25分かかった。くそっ。
 
そして、競輪場到着。いやー、いつどこの競輪場でも入場門の前に来るとなんか闘士が湧いてくるな~。
今回、開会式と激励ライブは5R終了後ということなので、とりあえずそれまでブイ位置をキープしつつ、せっかく来たのだからと久々に車券を買ってみることにした。
並びとか展開なんて予想したってそれが屁の役にも立たないことはもう十分解ってるので、とりあえず知ってる選手がいればそこから流してみよう。
が、4R、誰もいない。5R、おっ、小橋がいるじゃん! しかも4番車なんて背負って時代の流れは残酷やね~。
あまり、いや、かなり、いや、とっても小橋にはいい思い出がないが、これも何かの縁と流し車券を買いに窓口へ行ったのだが、今の3連単とやらで買うと2着・3着も予想しなければならない。え~と、なんだ、2着にくる他の8人にそれぞれ7人分3着予想するから、流して買うと56通りか? (←違ってるかも…)
なんだかよく分からなくなったので、窓口のおばちゃんに『15年前くらいの買い方をしたいんですけど~』と聞きに行き、結局2着の人間(※枠ではない)を予想する2車単(?)というので8通り買うことにした。
ちなみに、1つあたり500円で買おうと思っていたのだが(※昔の買い方なら2500円で済む)、想定外のシナリオになったため400円ずつ、計3200円。
まっ、いうまでもなく、その数10分後にはそれはすべてライブチケットになりましたとさ。
小橋、こんにゃろ~。
 
でも、そんなことより、もっと凄いことが!!
なんと、場内の特設ステージで井上茂徳と山口幸二の予想トークショーが行われたのだ!!
しげが引退したのは知っていたけど、山幸も引退していたとはねぇ。
ともに金網越しでは何度も見てきた選手だけど、実はしげはどこだったか新幹線の駅で開催終了後SAGA佐賀に戻るところを見かけたことがある。サインを貰いたかったのだけど、なんか急いでたとかで貰えなかったんだよな…。
流石に今回は貰おうとは思わなかったが、山幸は相変わらずの口達者だし、テレビ開設とか場内予想とかいつもこういうのをやってるのかしらないけど、この2人、かなり息が合ってて面白いわ。
これ、実は長渕よりもヒットだった!!
 
HOLD YOUR LAST CHANSE歌いながら弾き語りしているつもりらしい山幸》

 
さて、本題のライブ。といっても、よくある場内のお笑い芸人ライブとかではなく(昔京王閣でよく電撃ネットワークを見たもんだった)、歌で選手に激励を行う、という形。
こんな野次の多い、しかも長渕とか一番嫌いそうな世代のおっちゃんがひしめく競輪場で大丈夫南海、まちがえた、大丈夫なんかいと思っていたが、『すべての競輪選手、来場された皆様、そして岸和田市の空に向けて歌います』と言って、演奏なし(元々打ち込み系の曲)、ギター1本でゆっくりと歌い上げる形だったんで、結構受け入れられたんじゃなかろうか?
今年は2回もライブを見れたし、あとは紅白か。
テレビないけどどうしよっかなぁ…
大晦日は職場に泊まりに行くか。
 

 

 

 

 

 
 
おぉ、これは凄い。神山との絡み!! でも古館通して以前から面識あっても不思議じゃなさそう。》

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

yuno

ヤフーブログから転居してきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター